写真のあれこれを伝えるブログ

IFTTTを使ってnoteの更新情報をTwitterやFacebookへ自動連携する方法

どうも、おーわです。たまにはSEの肩書を持つエンジニアの側面から、写真活動に役立つ記事を一つ。

さて、ちまたで話題のnoteを使って、僕のように写真を公開している方もいらっしゃると思います。なのですが、noteってFacebookやTwitterへのシェアは手動ではできるものの、WordPress等のブログみたく更新情報を自動投稿ってのは現時点ではできないんですよね…。なんとかならんかなーということで、自動連携の方法をこっそりGoogle先生に聞いてみたところ…

時代は…そう、自動化!ということで、noteの更新情報をTwitterやFacebookへ自動投稿べく、ブログのちから様の記事を参考に連携をしてみました。

noteと各種SNSの連携方法についてざっくりと…

で、いったいどうやってnoteの更新情報をTwitterやFacebookに流すのかについて簡単に説明いたしますと…

  1. ご自身のnoteページのRSSフィールドを取得する
  2. IFTTTでTwitterやFacebookと連携するための設定を行う

と、実はわずかツーステップでできてしまいます!

noteと各種SNSの連携方法

それでは上記で示したステップを、順を追って紹介していきたいと思います。なお、この作業はPCで実施することをおススメします。

①noteのRSSフィールドを取得する

まずはnoteページのRSSフィールドを取得します。noteのRSSフィールドはhttps://note.mu/[あなたのアカウントID]/rssで取得できます。恐ろしいぐらいとっても簡単です!w

例えば僕のnoteページのURLはhttp://note.mu/hirosbyですので、http://note.mu/hirosby/rssとなります(このページにアクセスし、よくわからないごちゃごちゃした文字列が出てきたら成功です)。

このRSSフィールドのURLは以降の設定で使いますので、メモをしておきましょう。

②IFTTTで各種SNSとの連携設定をする

さて、ここからはnoteの更新情報を各種SNSと連携するための設定方法です。今回はTwitterとFacebookページとの連携について紹介いたします。

IFTTTとは?

IFTTT(イフト)とは「if this then that」というシンプルなコンセプトに基づく「レシピ」を作成し、「thisをトリガーに、that のアクションを起こす」という流れで色々なアクションを自動化できます。

なお、IFTTTでのアカウント作成についてはKOTOBAKOさんのサイトを参考にしてみてください。

参考:【初心者のイフト入門】IFTTTの使い方とレシピの作り方を徹底解説!WEB作業を効率化しよう!!

Twiterとの自動連携

noteからTwitterへの自動投稿は、noteのRSSフィールドが更新されたのをトリガーに、Twitterへ更新情報を送信するというアクションを起こすことで実行されます。ここではレシピの作成を順を追って紹介いたします。

手順1. レシピを新規作成する

連携を行うために「レシピ」を作成します。IFTTTのページの右上にある[ご自身のアカウントID] > [Create]を選択します。

2016-03-23_01

手順2. トリガーを作成する

Create a Recipeが表示されます。トリガーを作成するために[this]を選択します。

2016-03-23_02

手順3. トリガーとなるアプリを選択する

Choose Trigger Channelが表示されます。下記のアイコン群もしくはSearch Channelにキーワードを入力し、Feedを選択します。

2016-03-23_03

Search Channelsに「Feed」とキーワードを入れると、表示が絞り込まれます。

2016-03-23_04

実は最初、愛用しているFeedlyと連携を取るつもりでしたが、どうやら有料版に変更する必要が…。ということで、今回はFeedを使用することにします。

2016-03-23_05

手順5. トリガーを選択する

Feedを選択すると、Choose a Triggerが表示されます。[New feed item]を選択します。

2016-03-23_06

手順6. トリガーの情報を設定する

Complete Trigger Fieldsが表示されます。[Feed URL]に先ほどのnoteページのRSSフィールドのURLを入力し、[Create Trigger]を選択します。

2016-03-23_07

手順7. アクションを作成する

続いてアクションを作成するために、[that]を選択します。

2016-03-23_08

手順8. アクションを実行するアプリを選択する

Choose Action Channelが表示されます。アイコン群もしくはSearch Channelsにキーワードを入力し、[Twitter]を選択します。

2016-03-23_09

Search Channelsに「Feed」とキーワードを入れると、表示が絞り込まれます。

2016-03-23_10

手順9. Twitterと連携する

Please connect the Twitter Channelが表示されます。[Connect]を選択します。

2016-03-23_12

IFTTTとTwitterの連携について聞かれたら[連携アプリを認証]を選択します。

2016-03-23_13

Twitter connectedと表示されたら連携は完了です。[Done]を選択します。

2016-03-23_14

手順10. アクションを選択する

Choose an Actionが表示されます。[Post a tweet]を選択します。

2016-03-23_15

手順11. Twitterへの投稿内容を設定する

Complete Action Fieldsが表示されます。[Tweet text]を設定します。初期ではEntryTitleとEntryUrlが入力されています。今回はnoteのコンテンツが更新されたことを分かりやすくするために「noteを更新しました→」という文字列と、ハッシュタグを追加しております。

入力後、[Create Action]を選択します。

2016-03-23_16

手順12. レシピを作成する

noteとTwitterの連携の設定を作成します。[Recipe Title]に分かりやすいタイトルをつけ、[Create Recipe]を選択します。

2016-03-23_17

ifにFeed、thenにTwitterが表示されていることが確認できます。以上で設定は完了です。

2016-03-23_18

Facebookページとの自動連携

Facebookのご自身のアカウントや、作成されたFacebookページとの連携もできます。今回はブログの更新情報と連携するために作成したPhoTravel EngineerのFacebookページとの連携を例に紹介していきます。

※Twitter連携の手順1~9は同一のため、省略させていただきます(手順8のアプリの選択では[Facebook Pages]を選んでください)

手順10. 自動連携するFacebookページを選択する

Facebook pasesと接続を選択するとアカウントの連携について聞かれます。ここで[OK]を選択すると、自動連携するページの選択が表示されますので連携したいページを選び、[Update]を選択します。

2016-03-23_19

手順11. アクションを選択する

Choose an Actionが表示されます。ここでは[Create a link post]を選択してください。

2016-03-23_20

手順12. Facebookページへの投稿内容を設定する

Complete Action Fieldsが表示されます。初期状態では[Link URL]にはEntryUrl、[Message]には何も記入されていません。[LinkUrl]はそのまま変更は必要ないでしょう。Messageにはnoteのタイトルが表示されるようにEntryTitleと、noteの更新であることを明示するようにメッセージを記入しております。

記入後、[Create Action]を選択します。

2016-03-23_21

手順13. レシピを作成する

Twitterとの連携で紹介した手順12を参照してください。以上で作成は完了となります。

TwitterやFacebookページにはこんな感じでシェアされる

動作確認を兼ねて、こんな記事を一本提供しました。(2016年3月24日 17:00に投稿)

さて、ちゃんとTwitterとFacebookページ版PhoTravel Engineerに投稿されたか確認をしてみましょう。まずはTwitterから。

お、ちゃんと自動連携されていますね。URLがIFTTTからnoteへリダイレクトされたアドレスになっていますが、ちゃんとnoteのページにアクセスできています。

続いてはFacebookページ版PhoTravel Engineerはどうなっているでしょう。

noteを更新しました!→noteのSNS連携は自動化できても、撮影活動は自動化できない

PhoTravel Engineerさんの投稿 2016年3月24日

おー、こちらも無事に投稿されていることが確認できますね。IFTTTというプラットフォームを作ってくださった方に感謝ですね。

どちらも自動連携までに3~4分ほどのラグがあるようです。きっとRSSを介している影響からだと思いますが、気にするレベルではないかなーと思っています。

まとめ

今回はnoteと各種SNSの連携のうち、TwitterとFacebookページとの連携について紹介いたしました。手順は割と多いものの、さほど難しくないですので連携の参考にしていただければと思います。これであなたの作品を見てくれる方も多くなるかも?

では、素敵なフォトライフを♪

この記事が気に入ったら「いいね」をポチッと!
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です