写真のあれこれを伝えるブログ

あじさい彩る古都・鎌倉を平日にぶらりお散歩してきました

東京近郊であじさいといえば…そう、やっぱり古都・鎌倉ですよね。

梅雨時期の鎌倉といえばあちこちであじさいが彩るため、人気の観光・撮影スポットとなっています。

ということで少しは空いているであろう平日を狙い、カメラを片手にあじさい彩る古都・鎌倉をお散歩してきました。

あじさい彩る鎌倉は美しい…が、平日でもめちゃくちゃ人多し!

あじさい寺こと名月院へ

埼玉から鎌倉への移動は朝ラッシュにぶち当たるため、これを避けるべく朝6:30過ぎの電車に乗って出発します。途中の戸塚で横須賀線に乗り換え、北鎌倉駅で途中下車し、今回の最初の目的地であるあじさいの名所、名月院へ。名月院は通称「あじさい寺」とも呼ばれております。

開門15分前に到着したのですが…

20160622_Kamakura

SHL24 (4.06mm, f/1.9, 1/101 sec, ISO100)

 

 

なんだこれwwwwww

 

 

ちょっと奥さん、これ平日の早朝ですよ…。

ちなみに一週間ほど前に訪れたTwitterのフォロワーさんも、平日でもこんな感じで混んでいたとおっしゃっていました。参考までに休日は北鎌倉駅から行列ができるそう…うん、休日に鎌倉に近づいたらアカンねw

20160622_Kanagawa-Kamakura_IMG2177

PENTAX K-1 (68mm, f/5.6, 1/100 sec, ISO200)

名月院といえば石段とあじさいのコラボ。京都もそうですが、古都である鎌倉はこういった風情があちこちにあって、撮っていてとても楽しいのです。しかもこの日は雨がぱらつく、あじさい的にはまさに絶好のコンディション!こちらの写真は、人がある程度いなくなった一瞬のスキを見て収めました。

人が少なければもっと撮りやすいんですが…まあそれも現代の風情とでもいっておきましょうかw

20160622_Kanagawa-Kamakura_IMG2192

PENTAX K-1 (100mm, f/4.5, 1/125 sec, ISO400)

お地蔵さんとあじさい。こういった光景も鎌倉ならではなのかもしれませんね。

20160622_Kanagawa-Kamakura_IMG2198

PENTAX K-1 (100mm, f/5, 1/125 sec, ISO400)

ちょっと雨が上がってから時間が経過してしまいましたが、木陰には露にぬれたあじさいにも出会いました。やっぱりあじさいには水が似合います(●´ω`●)うんうん

江ノ電とあじさいのコラボ

名月院での撮影もそこそこに、ひとまず鎌倉駅へ移動します。ちょっと遅めの朝食を取り、長谷駅~極楽寺駅にある、あじさい+江ノ電が撮影できる有名な撮影スポットへ。

20160622_Kanagawa-Kamakura_IMG2219

PENTAX K-1 (105mm, f/5.6, 1/400 sec, ISO250)

平日とはいえど、たくさんの江ノ電ファンが集まっておりました。こうなると「あえて人物を入れた鉄道風景を撮ろう」ということで収めた一枚。人混みも上手く生かせばなんとやらw

20160622_Kanagawa-Kamakura_IMG2233

PENTAX K-1 (105mm, f/5.6, 1/400 sec, ISO100)

やはり人の入らないあじさい+江ノ電も収めたくて、ぐっと寄って撮影した一枚。偶然にも嵐電カラーの電車がやってきてくれました。古都・京都カラーの江ノ電とあじさいとのコラボとはこれまた素敵な限りです。

まとめ

日本を代表する観光スポットゆえ、平日にも関わらず多くの人でにぎわっていました。

最近は海外からのインバウンドの影響で、平日および休日ともなかなか落ち着いての撮影は難しいですが、あじさいと古都・鎌倉のコラボレーションは、やはり風情があって素晴らしいですね(●´ω`●)

この記事が気に入ったら「いいね」をポチッと!
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です