写真のあれこれを伝えるブログ

雨降る新横浜駅北口でストリートスナップ撮影をやってみた

どうも、元横浜市民のおーわです。諸手続きの関係で、8月以来およそ1ヶ月ぶりに実家に帰っていました。

僕の実家は新横浜駅が最寄りなのですが、実のところ「ここ!」といった撮影スポットにはちょっと乏しいんですよね。

それならば新横浜駅北口で都会感を生かしたストリートスナップ撮ればええやん!ということで、新横浜駅北口でストリートスナップ撮影をしてみたのですが、これが意外と絵になるんですよ。

ということで、新横浜駅北口でストリートスナップ撮影をするとどんな写真が撮れるのか、撮影におすすめなレンズなどについて紹介いたします。

20160923_kanagawa-yokohama_imp2822

PENTAX Q-S1 (5mm, f/2.8, 1/320 sec, ISO100)

まずは新横浜駅北口のペデストリアンデッキからの一枚。相変わらず円筒型の新横浜プリンスホテルの存在感が際立ちます。まあ、これぞThe 新横浜ではあるんですがねw

現在、新横浜駅北口周辺では神奈川東部方面線(相鉄~東急直通)の開通に向けた工事が行われており、駅周辺は非常にカオスな状態です。

新横浜駅から東京都心へ新幹線以外で向かうには最低でも1回以上の乗り換えが必要ですが、神奈川東部方面線が完成すると、乗り換えなしでアクセスできるようになります。

確かに新横浜駅から都心へのダイレクトアクセスは魅力っちゃ魅力なのですが、ただでさえカオスな東横線周辺がさらにカオスに…もう何が何だかw

20160923_kanagawa-yokohama_imp2830

PENTAX Q-S1 (10.3mm, f/8, 1/15 sec, ISO100)

続いては駅入口付近での一枚。雨でぬれた路面、傘を差した人々が横切っていくという光景は、雨が降っているときにしか撮れない光景です。

ただ、この写真を見ていただくと分かるように、新横浜駅北口のペデストリアンデッキは一部に屋根が付いており、人出がまばらな日中帯は屋根下を通る方も多く、傘を差して通る人が意外と少ないのです…。

ストリートスナップ撮影はときとして、待つこともけっこう大事なんですよね…。勉強になります(*・ω・)(*-ω-)(*・ω・)(*-ω-)ウンウン♪

まとめ

雨の中での街中ストリートスナップ撮影は初めてでしたが、けっこう楽しかったですねー。これはちょっとハマってしまいそうです(●´ω`●)

せっかくPENTAX Q-S1という強力な相棒がいるわけですし、東京都内に通勤しているうちに通勤スナップ撮影も充実させたいところですねw

ちなみに新横浜駅は北口と篠原口でものすごいギャップがあるので、それを生かした組写真なんていうのも、ちょっと面白いかなーなんて最近思っておりますw (現在は篠原口でも工事が行われているので、落ち着いたころにでもまた撮りにいこうかなと思います)

この記事が気に入ったら「いいね」をポチッと!
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です