写真のあれこれを伝えるブログ

絶景の宝庫!秋のビーナスラインでおすすめな撮影スポットまとめ

どうも、おーわです。ちょっと間が空いてしまいましたが、10月の長野旅行の続編です。

それにしても長野県には至るところに絶景スポットがあって楽しいですねー。

10月の旅行でビーナスラインをドライブしながら撮影して来たのですが、絶景だらけでフォトグラファー的にはたまりませんね!

ということで、今回は10月の旅行で立ち寄ったビーナスライン沿いのスポットを写真とともにまとめてみました。

秋のビーナスライン周辺は絶景スポットだらけ!

女の神展望台

標高1,700m付近に位置する女の神展望台(めのかみ展望台)。この女の神展望台からは、遠く八ヶ岳連峰、南アルプス、北アルプスの山々を望むことができます。

秋のビーナスライン絶景探訪@女の神展望台

RICOH IMAGING COMPANY, LTD. PENTAX K-1 (31mm, f/8, 1/125 sec, ISO200)

女の神展望台付近にすすきもあり、秋はより雰囲気を感じられます。

南側に開けた場所なので、早朝や夕暮れ時に来るとより楽しめる場所ですね。運が良ければ早朝あたりに綺麗な雲海なんかにも出会えるかも?(●´ω`●)

女の神展望台の場所

車山山頂

冬はスキー場として、その他の季節はハイキングコースとなっている車山高原。その山頂からの風景はなかなかの絶景です。

ふもとから山頂まではリフトを乗り継いで、およそ30分程度で到着します。

秋のビーナスライン絶景探訪@車山高原①

RICOH IMAGING COMPANY, LTD. PENTAX K-1 (28mm, f/8, 1/200 sec, ISO100)

写真の真ん中あたりに位置するのが白樺湖です。周囲の白樺の木々が赤く染まっていて、車山山頂からその姿を見ることができます(*´ω`*)

秋のビーナスライン絶景探訪@車山高原②

RICOH IMAGING COMPANY, LTD. PENTAX K-1 (31mm, f/8, 1/250 sec, ISO100)

山頂に位置する車山神社の鳥居。秋は空気が澄みやすいため、天気が良い日には富士山を拝むこともできます。

秋のビーナスライン絶景探訪@車山高原③

RICOH IMAGING COMPANY, LTD. PENTAX K-1 (88mm, f/8, 1/250 sec, ISO100)

登頂した日はかすみ気味でしたが、うっすらと鳥居越しに富士山が見ることができましたよー。ちなみに車山の山頂から富士山を撮る場合、80mm以上(35mm版換算)の望遠レンズがあると良いですね。

秋のビーナスライン絶景探訪@車山高原とダンボー

RICOH IMAGING COMPANY, LTD. PENTAX K-1 (48mm, f/5.6, 1/1000 sec, ISO200)

ダンボーたちも車山の山頂を楽しんでいます(*´ω`*)

余談ですが、実はこの車山高原は彼女と初めて行ったスキー旅行で行った、思い出の地でもあります。スキーシーズンじゃない車山高原も新鮮で面白いですね。

車山高原の場所

霧ヶ峰富士見台

秋のビーナスライン絶景探訪@霧ヶ峰富士見台

RICOH IMAGING COMPANY, LTD. PENTAX K-1 (40mm, f/8, 1/200 sec, ISO100)

先ほどの車山高原と同じく、天気の良い日には富士山を拝むことができます。

霧ヶ峰富士見台の場所

八島ヶ原湿原

諏訪市と下諏訪町にまたがる八島ヶ原湿原(八島湿原)。日本最南端の高層湿原としても知られ、国の天然記念物にも指定されています。

秋のビーナスライン絶景探訪@八島ヶ原湿原

PENTAX K-1 (31mm, f/8, 1/250 sec, ISO200)

八島ヶ原湿原は秋になると湿地全体が紅葉し、素敵な姿を見せてくれます。これまたたまらない絶景です(●´ω`●)

まとめ

秋のビーナスラインで撮影してみたいスポットは見つかりましたでしょうか?

それにしても、長野はあちこちに絶景が広がっていて、撮っていてぜんぜん飽きないですねー。もう、そのまま長野を拠点にしてしまいたいぐらいですw



この記事が気に入ったら「いいね」をポチッと!
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です