写真のあれこれを伝えるブログ

RAW現像の意義は「短所を補う」のではなく「長所を伸ばす」ことにある

RAW現像の意義は写真の「長所を伸ばす」ことにあり!

一眼カメラをお使いの方にとってはなじみのあるRAW現像。僕もお世話になっています。

ところでRAW現像もとい写真のデジタル処理については写真家やカメラマンの中でも賛否両論あるようですが、現代の写真作品には欠かせないものだと考えています。それはRAW撮影+現像を使うことにより、写真作品の「長所を伸ばす」ことができるからです。

RAW現像とはどんなもの?

まずはRAW現像とはどんなものなのか、簡単に解説を…。

RAWデータとは、“RAW(「生」または「未加工」)”に近い状態で保存された、デジタル一眼カメラやコンパクトデジタルカメラの写真ファイル形式の一種です。JPEG撮影のようにカメラによる色調補正処理を挟むことのない、撮影したそのままの状態であるため、調整次第で写真の雰囲気を柔軟に変化させることができます。そのRAWデータの調整のことを銀塩カメラのフィルム現像に準えてRAW現像と呼び、それこそがデジタル写真の醍醐味のひとつといえます。

(引用:RAW現像とは? – Adobe Creative Station)

RAWデータの最大のメリットは画質を劣化させることなく、なおかつ繰り返しの補正に耐えられる点にあります。

一般的なコンパクトデジカメやスマートフォンで撮影した写真は、カメラ内でJPEGと呼ばれる形式に変換して出力されます。JPEGはRAWデータに比べて容量が小さくなるというメリットがありますが、画質の劣化を引き起こすため補正には向いていません。

そういうこともあり、現代の写真作品はRAW撮影+現像という流れが一般的となっています。

RAW現像は別途ソフトウェアが必要

撮影したRAWデータはそのままSNSへの投稿などはできないため、RAW現像に対応したソフトウェアが別途必要になります。

各カメラメーカーから提供されているソフトや、サードパーティ製のソフトがありますが、中でもおすすめなのが写真管理もしやすいAdobe Photoshop Lightroomです。もちろん僕も愛用しています(●´ω`●)

 

Lightroomはパソコンの他、スマートフォンでも利用することができます。(一部のiPhoneではRAW撮影+現像にも対応しています)

RAW現像は写真の「長所を伸ばす」ためにある

さて、このRAW現像については写真家やカメラマンの中でも賛否両論あり、特に最近では過度な補正に対してTwitter等で炎上するケースもあります。

僕にとってのRAW現像は必要不可欠なパートナーのようなものであると考えていますし、RAW現像を通じて生み出した写真作品は「一つの写真のカタチ」であると思っています。そして何より撮影した写真の「長所を伸ばす」という重要な役割を持っていると考えています。

余談ですが、先に書いたRAW現像に対して否定的なバッシングをする方は、おそらくRAW現像に対して「現実世界を逸脱している」「過度な補正で短所を補う」という考え方が根底にあるんでしょうね、きっと。

「撮って出しこそが正義」という考え方ももちろんありですし、RAW現像を絶対にやれと強要できるものではありませんが、RAW現像というツールを「長所を伸ばす」ために使うことは決して悪いことではないのです。

やりすぎると「短所を生み出す」こともある

昨今のSNS上で多く見られるRAW現像による過度な補正ですが、撮影した写真の長所を最大限に引き伸ばせる反面、やりすぎると新たに「短所を生み出す」可能性もあることを忘れないようにしたいところです。

RAW現像は現代のデジタル写真を語る上で必要不可欠なものですが、あくまでも「写真の長所を伸ばす」ための一つのツールであるということは念頭に置いておくことをおススメします。

RAW現像による長所を引き伸ばした一例

さて、RAW現像によって撮影した写真の「長所を伸ばす」とはどういうことなのか、実際に以下の写真を用いて紹介していきます。(あくまでも一例です)

※以下の作例は左がRAW現像前(撮って出し)、右がRAW現像後

こちらの写真はコスモス畑の夕暮れを、逆光下で撮影したものです。コスモス畑の夕景の素晴らしさを伝えたいということで撮影した一枚となります。

逆光下での撮影ということで、撮って出し写真とした場合はコントラストに少々物足りなくなります。そこでこの写真の長所である「夕景」の美しさを引き出すため、RAW現像を利用して引き出しています。

まとめ

現代のデジタル写真作品は、撮影とRAW現像がほぼセットになっているところがあります。RAW現像の是非については写真家の中でも様々な意見があると思いますが、僕はRAW現像については写真の持つ「長所を伸ばす」ための一つのツールであると考えています。

ご自身の発想をフル活用して撮影した写真を、RAW現像でさらに「長所を伸ばす」ことで引き立てる。そんな写真ライフをぜひとも楽しんでみてはいかがでしょうか。

 

この記事が気に入ったら「いいね」をポチッと!
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です