写真のあれこれを伝えるブログ

武蔵野の木々と静寂に包まれた平林寺をぶらりお散歩してみました

どうも、埼玉県非公認観光大使のおーわ(@hirokazu.sby)です。たぶん居住歴が短すぎて、まだ公認されないだけなんだと勝手に思っておりますw

関西を離れて早1年と4ヶ月が過ぎ、そろそろ京都の風情が恋しいなーとか思いながらInstagramを見ていたら、埼玉県新座市にある平林寺がものすごく雰囲気が良さそうやん!ということで、足を運んでみました。

武蔵野の自然を骨の髄まで感じられる平林寺、カメラ片手にまったりとお散歩するのにぴったりの場所ですよー(●´ω`●)

埼玉・平林寺で武蔵野の自然に癒される

まずは総門をくぐったすぐ先にある山門→仏殿へと続く道からの一枚。

平林寺の総門付近より山門を望む

PENTAX K-1 (31mm, f/8, 1/60 sec, ISO800)

既に風情がめちゃくちゃ感じられます。まるで京都に行った時のようなあのワクワク感が、久しぶりに僕の中にやってきました(●´ω`●)

ちなみに仏殿の先にある本堂(一番最初の写真を参照)を含む平林寺林泉境内は、禅修行の専門道場となっており、修行僧以外の立ち入りはできませんのでご注意を。(本堂前までを除く)

さて、本堂脇から下卵塔を経由して雑木林へと進んでいきます。ここから先は道路から離れることもあり、ものすごく静かな場所となります。

平林寺境内林の一角にあるもみじ山。11月中旬~下旬にかけて綺麗に染まる。

PENTAX K-1 (31mm, f/8, 1/60 sec, ISO1600)

まずはもみじ山。その名の通りモミジの葉っぱであふれております。10月初旬ということで色づきはまだまだですが、11月中旬~下旬にもなれば、辺り一面が真っ赤に染まることでしょう。

ちなみにもみじ山を含む一帯の雑木林は「平林寺境内林」と呼ばれており、雑木林としては国内で唯一、国の指定天然記念物に指定されています。

20161002_saitama-niiza_img4291

PENTAX K-1 (105mm, f/8, 1/125 sec, ISO3200)

非常に風情のある散策路で一枚。上に広がっているのはモミジが色づくと、より風情を感じられそうな素敵な場所です。

さて、ぐるりと一周まわってきたのですが、お目当ての参道がぜんぜん見当たりません。境内の案内に目を通すと、下卵塔の比較的近くにあるとのことで行ってみます。

再び来た道を戻り、松平信綱夫妻の墓のあたりの参道を見渡すと…

20161002_saitama-niiza_img4303

PENTAX K-1 (28mm, f/8, 1/50 sec, ISO1600)

あった!そう、僕が探していたのはこの石塔が並んだ参道です!!ずっと気になっていたので、なんとか見つけられて良かった良かった♪

正式には廟所参道(びょうしょさんどう)と呼ばれる場所で、ここから修行道場へ続く参道となっています。そのため一般の方は入ることができません。(手前に低めの柵があり、この写真はその柵越しに撮影しています)

廟所参道は平林寺の中でもっとも風情のある場所だと思います(●´ω`●)

平林寺の場所

各最寄り駅(朝霞台駅/北朝霞駅、志木駅、ひばりヶ丘駅、東久留米駅、新座駅)から離れているため、各駅からバスへの乗り継ぎ、もしくは車でのアクセスが便利です。

詳しいアクセス方法については、平林寺の公式サイトでご確認ください。

Link:拝観・交通|野火止 平林寺 公式サイト | 臨済宗 妙心寺派

まとめ

ロケハンを兼ねての訪問でしたが、非常に風情があって良い場所です。この手の風情は鎌倉でしか見られないと思っていたので、埼玉県民としてはとてもうれしいものです。

ちなみに平林寺では11月中旬~下旬にかけて紅葉のピークを迎えますが、本当に圧巻の風情です。

これぞ日本の絶景!紅葉が美しい平林寺をまったりめぐってきました
どうも、埼玉県非公認観光大使のおーわです。埼玉県で紅葉が綺麗な場所といえば、やはり新座市にある平林寺!紅葉の時期には境内のあちこちにあるもみじが赤や橙色に染...

それにしても、まさか埼玉県にこんな素敵な寺院があったとは驚きました。まだまだ埼玉県をお散歩しながら楽しめそうです(●´ω`●)

野火止 平林寺 公式サイト | 臨済宗 妙心寺派

この記事が気に入ったら「いいね」をポチッと!
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です