写真のあれこれを伝えるブログ

日本一の絶景ポピー畑!ポピー・ハッピースクエアーをお散歩してみました

どうも、埼玉県非公認観光大使のおーわです。誰ですか?「ダ埼玉」なんて言ってる人は?w

で、埼玉県は花どころがけっこう多いんですよ。その中でも鴻巣市にある「ポピー・ハッピースクエア」は日本一の栽培面積を誇ることで知られています。日本一ですよ、日本一!

実はこの「ポピー・ハッピースクエアー」は、フォトグラファーの北村佑介さんの著書である「花をながめて大切なことに気づく100の言葉」の撮影地にもなった場所の一つでもあります。

関連記事:癒しの花の写真と偉人の名言が奇跡のコラボ、「花をながめて大切なことに気づく100の言葉」を読んでみた

ポピー・ハッピースクエアとはいったいどんな場所なのか、カメラを片手にお散歩してきました。

日本一の規模を誇る、圧巻のポピー畑!

鴻巣のポピー畑「ポピー・ハッピースクエア」は、毎年5月中旬から下旬にかけて見頃を迎えます。開花のピークに合わせて、こうのす花まつりも開催されます。

んで、このポピー・ハッピースクエアはとにかくとんでもない規模なんですよー!

東京ドーム約2.5個分、約125,000㎡と日本一の栽培面積を誇り、合計で3000万本のポピーが咲くという、なかなかぶっ飛んだスケールです!

とまあ、言葉で紹介するよりも、写真を見ていただいた方が早いと思いますw

シャーレーポピーの群生(ポピー・ハッピースクエアにて撮影)

PENTAX K-1 (100mm, f/5, 1/160 sec, ISO200)

3000万本のポピーは本当に圧巻の一言!!ちなみにこちらはシャーレーポピー。ポピー・ハッピースクエア内にはシャーレーポピーの他に、鮮やかなオレンジ色をしたカリフォルニアポピーもたくさんありますよー♪

シャーレーポピーとカップル(ポピー・ハッピースクエアにて撮影)

PENTAX K-1 (100mm, f/5, 1/500 sec, ISO200)

もちろん、デートコースとしても最適です(●´ω`●)♪ スナップ撮影もはかどりますw

夕暮れ時のシャーレーポピー(ポピー・ハッピースクエアにて撮影)

PENTAX K-1 (100mm, f/5, 1/400 sec, ISO200)

ポピー・ハッピースクエアーは西側に開けた地形となっているため、マジックアワーを狙って望遠マクロ撮影なんかも面白いですね。

麦なでしこ畑&こいのぼりも圧巻!!

そうそう、ポピー畑に隣接する麦なでしこ畑も、とっても綺麗なんです!

麦なでしこ+こいのぼり(ポピー・ハッピースクエアー)

PENTAX K-1 (100mm, f/5.6, 1/200 sec, ISO100)

時期的にこどもの日はちょっと過ぎちゃいますが、麦なでしこの花とこいのぼりと一緒に撮れるチャンスです!!

こちらもぜひ、忘れずにチェックしましょう♪

ポピー・ハッピースクエアへのアクセス方法

JR高崎線鴻巣駅西口よりフラワー号馬室コース「給食センター前」下車 徒歩5分
※花まつり期間中、鴻巣駅東口より無料シャトルバスあり。

公式サイト:鴻巣市観光協会

まとめ

埼玉県は花どころが多くて写真撮影がすごく楽しいです。特に鴻巣市はこの他にも1000万本という破格のスケールを誇るコスモス畑があったりと、花を撮る写真家さんにはたまらないですね。

関連記事:1000万本のコスモスがお出迎え!荒川コスモス街道(吹上コスモス畑)

日本一のポピー畑を謳うポピーハッピースクエアーですが、混雑率もさほど高くないので、のんびりと写真撮影を楽しむことができます。

そして北村佑介さんの見た世界を、ぜひご自身の目で見て、感じて、写真に収めてみてください♪

春におすすめなその他の被写体探しの参考にどうぞ

この記事が気に入ったら「いいね」をポチッと!
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です