写真のあれこれを伝えるブログ

SIGMA 8-16mm F4.5-5.6 DC HSMレビュー&作例紹介

世の中には「超」が付くレンズが二種類あることをご存知でしょうか。一つは超望遠レンズ、そしてもう一つが超広角レンズです。

PENTAX Kマウントに対応した超広角レンズはいくつかありますが、その中でも8-16mmという驚異の焦点距離を誇るのがSIGMA 8-16mm F4.5-5.6 DC HSMというレンズ。

今回はそんなオンリーワンの画角を持つSIGMA 8-16mm F4.5-5.6 DC HSMについて、作例とともにレビューしていきます。

※SIGMA 8-16mm F4.5-5.6 DC HSMはPENTAX用の他、Canon用、Nikon用、SONY用があります

SIGMA 8-16mm F4.5-5.6 DC HSMについて

SHARP SHL24 (4.06mm, f/1.9, 1/50 sec, ISO400)

オンリーワンの画角を持つレンズ

現在発売されているAPS-C機用の超広角レンズの中では最も広い8mm(35mm版換算で約12mm程度)の画角をカバーする、驚異のオンリーワンな画角を持つレンズです。初めてこのレンズを手にしたとき、あまりにも強烈なパースペクティブに笑ってしまうほどびっくりしましたw

画質も高く、逆光耐性もまずまず

解像力についても高く、SIGMAらしいシャープな写りです。また、光が直接差し込んでくるような逆光下にもある程度対応できており、かなり抑えられているなーという印象です。

歪みを欠点ととらえるか、個性ととらえるか

超広角レンズゆえにどうしても歪みは出ます(Lightroom先生を使うと、ある程度の歪みの修正は可能です…やっぱすげえやw)。そのあたりは超広角レンズの一つの味でもあるといえますが、これを欠点ととらえるか、個性ととらえるかは好みの問題ですね。

歪みについてはLightroomのレンズ補正機能を使用することで、ある程度補正することができます。

 

丸形フィルターは取り付け不可

レンズ構造が前玉の出目金ちゃんなので、各種フィルターの取り付けができない点はマイナスポイント。特に風景写真を撮るときによく使用されるC-PLフィルターが取り付けられないのは残念なところです。

重量は少々重ため

重量が555gと少々重さがあるため、気軽な感覚では持ち出しづらいこと。カメラ本体と合わせると、ほとんどのケースで1kgを超えてきます。

10mm未満の焦点距離はExif情報に残らない

10mm未満(35mm版換算で15mm)の焦点距離で撮った場合にExif情報に焦点距離が残りません。投稿サイトやWeb経由のフォトコンへ投稿する際は注意が必要です。

作例

実際にSIGMA 8-16mm F4.5-5.6 DC HSMを使って撮影した写真を紹介いたします。

あべのハルカスの夜景(SIGMA 8-16mm F4.5-5.6 DC HSMにて撮影)

PENTAX K-5 (0mm, f/10, 6 sec, ISO160)

阿波座ジャンクション夜景(SIGMA 8-16mm F4.5-5.6 DC HSMにて撮影)

PENTAX K-5 (10mm, f/9, 20 sec, ISO160)

箱崎ジャンクション夜景(SIGMA 8-16mm F4.5-5.6 DC HSMにて撮影)

PENTAX K-5 (10mm, f/8, 15 sec, ISO160)

りんくうジャンクション夜景(SIGMA 8-16mm F4.5-5.6 DC HSMにて撮影)

PENTAX K-5 (0mm, f/8, 30 sec, ISO160)

圓光寺から望む新緑の十牛の庭(SIGMA 8-16mm F4.5-5.6 DC HSMにて撮影)

PENTAX K-5 (0mm, f/8, 1/40 sec, ISO160)

まとめ

オンリーワンの画角を持つ超広角レンズSIGMA 8-16mm F4.5-5.6 DC HSMについて、実際に撮影した写真とともに紹介いたしました。強烈な個性を持ったこのレンズを使えば、あなたの作品の幅がぐっと広がること間違いなし!

ぜひ一度手にしてみてください。

 

PENTAX Kマウント系以外はこちら

この記事が気に入ったら「いいね」をポチッと!
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です