写真のあれこれを伝えるブログ

白昼の中央通り(銀座通り)のど真ん中でカメラを構えてみました

東京屈指の高級商店街として知られる銀座。今回の舞台はこの商店街を南北に貫く中央通り(銀座通り)です。

銀座の中核をなす銀座通り周辺には、歴史あるデパート、ブランドショップ、高級飲食店が立ち並んでおります。そしてこの銀座通り、土日祝日の昼間時間帯は歩行者天国となります。

Link:築地警察署 銀座歩行者天国

片側二車線以上の規模を誇る道路が歩行者天国になるのは、全国的にも珍しい光景です。東京都内の大規模な道路では、このほかに秋葉原地区などの数カ所で実施されているに留まります。

この日は彼女とのお買い物デート。普段はお買い物デートに一眼レフを持ち出すことは稀なのですが、今回に限ってはふと写真が撮りたくなったので、PENTAX K-1と二本のレンズを持ち出しました。(デート用にミラーレス一眼があると便利かなーとずっと思っていますw)

さあ、銀座通りのど真ん中にはどんな出会いが待っているのでしょうか。それではさっそく、銀座通りへ行ってみましょう。

不思議な光景が広がる、銀座通りのど真ん中

待ち合わせ時間の1時間半ぐらい前のこと。「携帯(スマホ)忘れたから遅れる!」と彼女からの連絡が入ります。僕らはデートのスタート前に何かしらやらかすことが多いため、だいたい時間通りには始まりませんw

僕も忘れ物をしての遅刻は時々やらかすので、「気を付けておいでねー」の一言で基本的にはおしまい。あとはゆっくり待つだけです♪

このとき自分はまだ家を出る準備をしているところ。これは彼女が来る前にゆっくり街撮りをするチャンスじゃないか!ということで、予定よりも少々早めに家を出ることにします。

時刻は11:50頃。彼女は予定より20分程遅れるということで、一足先に有楽町駅から銀座通りへ向かいます。実は銀座周辺を歩くのは人生二度目。まあ、こんな日でもないとあんまり行かないですからね、銀座なんてw

銀座通りに到着。歩行者天国(ホコ天)になるまであと数分ほど時間があったので、ひとまずビル影を利用して12:00まで待機します。それにしても暑いのなんの…。

12:00になったと同時に銀座通りがホコ天となったところで、さっそく僕も道路の真ん中に立ちます。

20160611_Tokyo_IMG2051

PENTAX K-1 (73mm, f/9, 1/60 sec, ISO100)

これだけの大通りのど真ん中で写真が撮れるというのは、日本中探してもなかなかないでしょう。本当に異様な光景です。

20160611_Tokyo_IMG2044

PENTAX K-1 (88mm, f/13, 1/100 sec, ISO100)

20160611_Tokyo_IMG2057

PENTAX K-1 (73mm, f/9, 1/50 sec, ISO100)

20160611_Tokyo_IMG2065

PENTAX K-1 (73mm, f/9, 1/50 sec, ISO100)

20160611_Tokyo_IMG2071

PENTAX K-1 (73mm, f/9, 1/50 sec, ISO100)

シャッター速度を落とし気味にして、銀座通りを行きかう人々に動きを出してみました。晴れた日中帯にはNDフィルターがあった方が良いかもしれません(それでもちょっとキツいかも)。

 

その後、当初の待ち合わせ予定時刻から30分ほど遅れて彼女が銀座通りに到着。道のど真ん中でちょこっとポートレート撮影したあと、デートを楽しんできました。(写真は許可取ってないので掲載できませんが…)

大都会での街撮りも結構おもしろい

最近、東京都心の人混みや画一化された街並みに疲れ、土日にわざわざ東京都心に出ることがめっきり減った今日この頃。今回久しぶりに都心にカメラを持ち出して撮ってみましたが、たまにはこうした街撮りをするもの面白いのかなと思いました。

今月末に渋谷ヒカリエで開催される東京カメラ部2016写真展に行く予定ですので、そのついでにスクランブル交差点でも撮ってみようかな。

この記事が気に入ったら「いいね」をポチッと!
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です