写真のあれこれを伝えるブログ

角島大橋と青い海が本州最強の絶景だった件

2年前のちょうど今頃のことですが、山口県下関市に住んでいる友人に案内してもらったのがきっかけで訪問した角島大橋。そのとき初めて見た角島大橋と青い海のコラボレーションは「本州にこんな風景があったのか!」と言わんばかりの絶景です!

本州最強の絶景スポット、角島大橋と青い海

20140322-25_Sanyo-Kyushu_IGP0133

PENTAX K-5 (42.5mm, f/8, 1/125 sec, ISO160)

絶景ビューポイントから撮影した一枚。この日は雲がほとんどない快晴で、マリンブルーの海が青みを増すことにより、主役である角島大橋が引き立てられる絶好のコンディションでした。見ているだけでも興奮するのに、写真に収められた時のテンションは最高潮ですよ!!

…直前まで車酔いで死にかけていたのは内緒の話ですがねw

20140322-25_Sanyo-Kyushu_IGP0122

PENTAX K-5 (50mm, f/8, 1/160 sec, ISO160)

また、春には絶景ビューポイント近くで菜の花が咲きますので、アクセントとして一緒に入れると春らしい絵になりますね。また、ブルーライン交通のサイトではコスモスと角島大橋が一緒に写った絵もあることから、コスモスとのコラボレーションもできるようです。

角島大橋について

角島大橋は山口県下関市に位置し、本州側と角島側とを結ぶ全長約1.7kmの橋です。それまで本州と角島を結ぶ交通は渡し船が主な手段でしたが、2000年11月3日に角島大橋が開通したことによって、本州と角島が陸路で結ばれることになりました。

アクセス

主たる交通手段は車になりますが、公共交通機関でのアクセスも可能です。

公共交通機関でのアクセス

JR山陰本線滝部駅もしくは特牛駅よりブルーライン交通バスを利用し、ホテル西長門リゾート入口下車となります。

参考:ブルーライン交通バス 角島行きバス時刻表

そうそう、最寄り駅の「特牛」を「とくうし」とか読むと下関市民に怒られますのでご注意くださいwww

車でのアクセス

下関市街からのアクセスの場合、国道191号線と山口県道275号線を経由したルートとなります。所要時間はだいたい1時間10分程度です。

まとめ

角島大橋と青い海とのコラボレーションはまさしく絶景の一言に尽きます。今回紹介した絶景ポイント以外では、橋の上で撮影を楽しむのも良いでしょう。ただし、橋上には歩道が用意されていなので、撮影を行う際はくれぐれもご注意ください。

ではでは、素敵なフォトライフを♪

[PR]絶景といえばこの一冊

この記事が気に入ったら「いいね」をポチッと!
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です