写真と共に旅をする(生きる)楽しさを伝えるブログ

横浜マリンタワーが夜景撮影におすすめできない理由

横浜マリンタワーから夜景撮影をされる方は要注意です。

横浜マリンタワーは結構揺れる…

横浜といえばみなとみらいの夜景!僕は横浜の夜景が好きで、晩秋~冬の空気が澄んだときには、みなとみらいの夜景撮影によく出かけます。

みなとみらいの夜景観賞スポットはいくつかあるのですが、おすすめスポットの一つに横浜マリンタワーがあります。みなとみらいの夜景を観賞する分にはさほど問題ないのですが、その細長い構造と海沿いに位置する関係で、実はけっこう揺れるんです!

夜景撮影は基本的にはスローシャッターでの撮影になりますので、ちょっとの揺れでもブレの原因となってしまいます。つまり、マリンタワーでの夜景撮影≒常時手ブレ状態での夜景撮影となるわけです。実際に撮ってみて分かったのですが、これはけっこうキツいです…。(カメラのライブビューで拡大して見ていると、わずかに揺れているのが分かります)

マリンタワーは地上が強風の日はもちろん、地上で風が吹いていなくても高いところで風が吹いているケースが多々あるため、実はかなりの確率で揺れているんじゃないかなと思われます。

灯台に制震装置があるが…

マリンタワーの最上階の灯台部分(高さ101m)には「スーパー・スロッシング・ダンパー」という制振装置が設置されていて、タワーの揺れを抑える役目を果たしています。それでも、完全に揺れを収めることはできないので、夜景撮影時にはどうしても手ブレ状態になってしまいます。

「スーパー・スロッシング・ダンパー」は、円筒形の容器に入れた水の揺れを建物の揺れに共振させ、超高層構造物の風揺れを1/3程度に低減する制振装置です。

(引用:設置スペースが不要な床埋め込み型の制振装置を開発/ニュースリリース2001年-清水建設)

スーパースロッシングダンパーがなかったら、かなり揺れているって考えると結構恐ろしいです(;・∀・)

おわりに

と、夜景撮影にはあまりおすすめできない横浜マリンタワーですが、純粋に夜景観賞を楽しんだり、日中に撮影する分にはとても良い場所だと思います。天候条件が良ければ富士山や東京タワー、スカイツリーまで見渡せるステキな場所です。

それにしても、まさか揺れるタワーだったなんて…25年も横浜に住んでいたのに、今更知ったわw

※マリンタワーへのアクセス方法はこちらを参考にしてください。

YOKOHAMA MARINE TOWER | 横浜マリンタワー

この記事が気に入ったら「いいね」をポチッと!
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です